出会えるサイトはこう探そう!

出会い系で恋人を探したいならば、悪徳業者や悪質会社が運営する出会い系サイトを避けなければならない。
特に基準もなく、適当なサイトを使ってしまえば女性とは会えないし、場合によって地雷を踏んでしまって美人局にあったり大金を騙し取られたりする。
インターネットはそういった危険性と隣り合わせであることを肝に銘じておいて慎重になろう。
ビギナーの人は<出会い系>と名前が付いているのだから、簡単に異性とであえると思っている。
けれども現実はそれほど甘くない。
そして情報もやまのようにある。
この記事のような説明がいたるところにあるのだ。
中にはまことしやかに説明があって、自社サイトに誘導しようとするアフィリエイトサイトもある。
こういった地雷を踏まないようにすることが出会いを実現する秘訣だ。
わかり安い地雷サイトをご紹介しておこう。
1番目は卑猥系サイトである。
トップページに猥褻画像、たとえば女性の下着姿の写真とかヌード写真があるサイト。
あきらかに男性をターゲットとしているアダルト系出会い系サイトである。
これはサクラサイトで女性はほとんどプロのサクラだ。
「有料」出会い系サイトで「ポイント課金制」の出会い系サイトであることがほとんど。
こんなサイトに素人女性が登録するはずがないだろう。
2番目はサイト登録と同時に女性からメールがバンバン送られてくるサイトだ。
「完全無料」の出会い系サイトのサイトに多い。
これも悪徳業者や悪質会社が運営する出会い系サイトに間違いない。
「同時登録」といって、あなたが入力したデータは横流しされている。
「優良」な出会い系サイトは女性獲得に力を入れている。
女性会員を増やして、男女構成比率をバランスよくして出会いの可能性を高くしようとするサイト。
女性雑誌に広告したり街の看板などにも告知したりしている。
こういったサイトに登録すると良いだろう。

僕が出会えるようになった理由2つ

僕の出会い系サイト利用歴は4年を数える。
近頃になってようやく女性との出会いの秘訣が見えてきたような気がする。
今回は、そのことについてお話したいと思う。
1番目の理由はメールの内容を変えることだった。
これまではメールの文面の大部分が自分のことについての話題に終始していた。
趣味の話しから仕事の話しまで――雑多な話題であった。
自分をしっかり理解してもらおう。
そうすることで女性の警戒心をとっぱらおう。
交際するかどうかは、それを見て相手の判断を仰ぐ――こういったアプローチだった。
けれども、これでは駄目なことに気づいた。
話しの中心を相手の女性にしなければならないのだ。
だから女性が興味をもちそうな話題や時事ネタをメインにした。
そして女性に質問するスタイルでメールするように変えた。
こうすると相手も返事がしやすくなるのだ。
2番目ははじめから恋人関係などと高望みせずに、メール交際からスタートすることだ。
それなりにメール交際頻度を重ねると相互理解できる。
焦って恋人関係に!なんて告白すると拒絶されるのが当然だ。
初めはメール交際から進んで、じっくりと相手を見極めてから告白するのが吉だ。